「人間科学」に基づいた住まい!

「人間科学」に基づいた新築のデザインというものがあるんですよ。人間科学とは、医学や心理学、建築学など、さまざまな学問の領域を超えて、人間の心と体に関わる物ごとを総合的に考える分野のことをいいますね。住まいやインテリアなど私たちはを取り巻く環境が、心と体に影響を与えていることが科学的に明らかになってきていますよね。多くの人は、そのことを意識せずに暮らしているのではないでしょうか。私たちの悩み事は、実は環境が原因だったりすることもあるんですよ。

住まいを変えることは、人生が変わるきっかけに!

例えば、天井の高さを1.5倍にすると想像力が高まり、音楽を楽しんだりパーティーを開いたりと、暮らしを楽しむ人が増えるというデータがあるんですよ。またリビングの家具の配置やキッチンとの位置関係を変えたら、子どもが明るくなって夫婦喧嘩が減ったり、夫と子どもが料理を手伝ってくれるようになることもありますね。住まいを変えることは、習慣や家族関係が変わるきっかけになるんですよね。人間科学に基づいて、心と体、人との関係にプラスに働きかける住まいがあるんですね。

新築をデザインする際に心掛けることは?

新築をデザインする際に心掛けることは、自分たちが本当に望んでいることを実現するということですよね。どんな暮らしを送りたいのか、価値観や優先順位、家族関係などを考慮して、具体化していくといいですね。夫婦それぞれの価値観がありますから、明確にすることで、もめることもなくなりますよ。また予算オーバーした場合でも、優先順位が分かっているので納得して取捨選択することができるでしょう。住まいが私たちに与える影響を知り、自分たちが輝ける、幸せになれる家を建てたいものですね。

草加市で新築一戸建ては、外壁を好きな色に塗り替えることができたりと様々な自由があるので、自分の理想の家に仕上げることができます。