不動産屋へ支払う初期費用

賃貸への引越で一番多く掛かる初期費用は、不動産屋へ支払うお金だと言えるでしょう。その内訳は、敷金・礼金・仲介手数料と前家賃になり、合計で「家賃の4ヶ月~6ヶ月分」掛かるというのが相場です。一人暮らしの家賃の全国平均が約6万6,000円だと言われているので、その4ヶ月分なら26万4,000円、そして6ヶ月分なら39万6,000円という金額になります。さらに契約内容によっては、火災保険代や鍵交換費用(それぞれ1万5,000円~2万円程度)が必要になる場合もあります。

家具家電や引越し業者にかかる費用

一人暮らしを始めるときは家具や家電を揃える必要がありますが、全て新しいものを買い揃えるという場合は、およそ「10万円程度」の費用が掛かると言われています。家具で必要なものとしては、布団・カーテン・テーブルなどがありますし、家電ではテレビ・冷蔵庫・洗濯機などが挙げられるでしょう。そして引越し業者に掛かる費用については、およそ「3万円~7万円程度」だと言われていますが、距離や時期といったそれぞれの条件によって金額に差があると言えます。

初期費用の合計と、その費用を安く抑える方法

これまでに紹介した、不動産屋への支払いや家具家電費用、そして引越し業者の費用を合計すると、一人暮らしの引越しには「50万円程度」の初期費用が掛かるということになります。しかし50万円という金額は決して安いものではありませんので、出来るだけ費用を減らしたいと考える人も多いでしょう。そのような場合は、敷金・礼金ゼロなどのように初期費用の支払いを安く抑えている物件を探すことや、家具家電付きの物件を探すといった方法も検討するとよいでしょう。

函館市の賃貸マンションの近くには駅やスーパーなどがあるので、毎日の生活がとても便利になる賃貸マンションです。